ぼちぼち 摩耶山さん歩

アクセスカウンタ

zoom RSS 紀伊勝浦〜熊野那智大社 那智山清岸渡寺 那智の滝

<<   作成日時 : 2018/03/19 20:32   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

友人が 旅行に誘ってくれました。

検討の結果、紀伊勝浦へ行くことになりました。

今は便利ですね。

三ノ宮に行かずとも 家でPCで ツアーを買えます。

当日7日前 チケットが到着しました。

希望していた特急になっていて、バンザイでした。

工程表を作成 コピーしてチケットと渡しました。


新大阪駅で 特急くろしおに 乗り換えです。



おとなりには 雷鳥 サンダーバードが出発していきます。


画像



くろしお 到着でーーーす。

画像


紀伊勝浦まで4時間でした。
車内販売 なしでした。
途中和歌山の美しい海、 有田のミカン畑などを 眺めていると あっという間の 4時間でした。


勝浦駅で 三脚たてて 集合写真をカシャでした。

画像


ホテル 浦島への 船に乗るため、波止場へ 駅から徒歩5分ほどでした。

かめの船がやってきました。
乗って5分で ホテルへ到着。

画像


温泉三昧のあと、、、まぐろ定食を 食べました。

画像



画像


夕食なしコースなので 館内の レストランで おいしく いただきました。

画像



館内に 展示してあった 稀勢の里の手形です。  怪我を治して 活躍してほしいですね。

画像



あれこれ話し合い 忘帰洞、玄武洞 滝の湯 など 入湯。

主人と 7年前に来た時は 温泉が12か所ありましたが、ずいぶんと減ったようです。

残念。

日の出を見ることにして 早めに就寝しました。


山上館へと エレベーターで移動。
エレベーターは 山の中にトンネルを掘り そこにエレベータが設置されているとか。
すごいね。山上が32階でした。
薄暗かったのが みるみる明るくなり 6時5分 日の出でした。


狼煙山の 端っこへ移動。 絶景でした。

画像


画像


画像



画像



雲が悪戯をして 面白い日の出でした。 何度見ても す★て★き!

画像




友人の背後から 朝日を写す。

画像


朝日を見に来られた 宿泊者。
ちいさな お子さんもおられました。
次はみんなで 来たいかな。


画像


日の出をもう一枚。

画像

画像


そのあと 玄武洞へ直行でしたが、、 帰路はエスカレーターが 稼働していました。

これがまた、、、ながーーい エスカレーターが 5本ほど あって まぁ 面白いです。


玄武洞を楽しんだ後、朝食会場へ。これがまた 遠い。
チョウ高齢者には 移動がつらい ホテルですね。車いすも完備されていましたが。
チェックアウト 追加費用は ありませんでした。(^^)


かめの船に乗って 勝浦港へ。
勝浦港で 海産物を売っておられ 友人は国産ひじきを 購入でした。

画像



那智山行のチケット購入です。
駅前の 熊野交通でバス往復チケット購入。
往復の方が1000円とお安いです。

アメリカンお二人が チケット購入されてました。
切符の窓口のご婦人は 英語対応できるみたい。
そのあと、ベトナム人親子さんが 英語でチケット購入されてました。
まさに、国際化ですね。
それも 和歌山で!

バス時間のプリントを頂くと 裏に 那智山の地図が載っていて 重宝しました。

予定通り「大門坂」で下車でいいね。

バス停付近はのどかな 景色です。
山がこっちだから こっちかな とぶらぶら歩き始めました。
画像



大門坂は 杉の巨木に導かれる とても 雰囲気のある道でした。

アメリカンに話しかけた。
私は神戸に住んでいます。どちらから?
 シカゴから来られたとか。有名な町ですね と言うと、「神戸も有名だよ」と 返してこられた。
あちらの方は スマートですね。

前回は大阪にこられたそうで「OOKINI」と 大阪弁を 披露してくれました。

掌をだして、"Kix here, bu,,,,,,,, Kobe here"と 言ってくれたけど、、、

Kix??? 状態。 それは なに? と聞けばよかったんだけど、、、

”See you again later ”
になっちゃった。

海外経験多い友人が 思いだしてくれました。「あっ 関空を Kixって いうんだった」
なるほど、、そうだったのか。


画像



画像



画像


樹齢800年の 夫婦杉。
すばらしいです。

画像


画像


画像


案内人協会の方にも遭遇、 今日は仕事がないそうで 脚のため 歩いておられる。
ここで 滝が見える 滝は ご神体です。山伏さんは ここで はじめて神様にであえるので、
ここで 拝むのです。



なるほど 那智の滝が見えました。

通りすがりの観光客と一緒に見上げました。

画像


ここに 大門があったので 大門坂と呼びますが 明治初め 朽ちてしまいました。
とガイドさんが説明してくださった。


画像


画像



さくらも出迎えてくれました。


画像



ここからは コンクリートの登りやすい階段が ◎◎段 あります。
大門坂を登れたから、軽々登れますと ガイドさん、 ここでお別れでした。

画像



お土産屋さんを冷やかしながら  那智大社へ。

かたわらに ヤマエンゴサクが 咲いていて 感激!!!!!
画像



記念撮影です。 二人とも還暦です。

 いまどきの還暦は 若いー★ ★ ★

画像


いい景色です。

画像



あら 桜が なんてすてきでしょう。

画像


山の斜面を切り開いた 階段沿いに 並ぶお土産屋さんです。

画像



着きましたー! 目に鮮やかな、朱の鳥居さん。  那智大社です。

画像



朱の門をくぐり 振り向いて カシャーーです。 美しい。

画像



しかし 修復中でした。 が〜〜〜〜ん 仕方がない。

画像



すぐ横に、  清岸渡寺 でした。 西国33か所 第一のお寺です。

画像



みつまたが 咲いていました。

画像



しぶくて いい 雰囲気ですね。

画像



月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
紀伊勝浦〜熊野那智大社 那智山清岸渡寺 那智の滝 ぼちぼち 摩耶山さん歩/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる